地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、糸島の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

糸島の地域情報サイト「まいぷれ」糸島市

糸島市の新店オープン特集

糸島市波多江【古民家ゲストハウス 糸結(いとゆい)】ノスタルジックな癒し空間

古民家をリノベーションした多目的宿泊施設

2018年7月にオープンした糸島市波多江の『古民家ゲストハウス 糸結(いとゆい)』さんを訪ねました。

国道202号線バイパス波多江交差点を南側へ曲がり、右手にある伊都菜彩を通り過ぎて2つ目の角を右手に曲がります。

ちょっと狭い小道を進むと、古民家をリノベーションした『ゲストハウス糸結(いとゆい)』さんが左手にあります。

私が訪ねた日は残暑が厳しい午後でした。玄関にはのれんがかかり、引き戸を全開にして風通しよくしてあります。田舎のおばあちゃんの家を訪ねたような、昭和にタイムスリップしたような光景です。

中に入り、お話を聞きながら建物の中を見せてもらいました。


宿主の堀上さんは、「糸島には日帰りで来られる人が多いですが、行き帰りの渋滞にはまってせわしくしないで、ここを利用してゆったりと休日を過ごして欲しい」とおっしゃっていました。


宿泊専用の小部屋が3つあり、8人が宿泊できます。さらに広い居間に8人分布団を敷くことができるので、最大で16人まで宿泊できるそうです。

こちらでの食事は宿泊者の自炊が基本で、キッチンに調理器具、調味料、食器がひと通り揃えてあります。買い出しはレンタサイクルで、近くの伊都菜彩などに行くことができます。

長期滞在にも良さそうですね。


居間にはホワイトボードがあり、サークルやチームの合宿や親睦ビジネス関連の研修など、旅の宿だけに限らず、多目的に利用できそうです。


洗面所は古民家に溶け込んでいるのに、昭和時代にはあまり見かけなかった陶器の洗面器を利用した素敵な作りです。お風呂場のタイルはどこか昭和モダンを彷彿とする懐かしいデザイン。


広い縁側からはよく手入れの行き届いた中庭を見ることができます。夏はゴロンと横になって昼寝をしたり、冬はのんびりと日向ぼっこをしたくなるような空間です。

ここに宿泊すると非日常なノスタルジックな空間に、心と頭が癒されそうですよ。


[まいぷれ糸島編集部:MU]

店名

古民家ゲストハウス糸結(いとゆい)

住所 福岡県糸島市波多江496-1
電話番号 080-3504-2631
営業時間

チェックイン  17:00~21:00

チェックアウト 10:00